家賃高い?【東京に住むメリット】賃貸のプロが解説! |記事|ラクダのお部屋賃貸

東京23区賃貸専門・仲介手数料0円のお部屋探しのお手伝い

家賃高い?【東京に住むメリット】賃貸のプロが解説!

家賃高い?【東京に住むメリット】賃貸のプロが解説!

お部屋探しの際、最も気になる条件は何でしょうか? 

やはり、「家賃」と答える人は多いですよね。 

そして、東京で物件を探す多くの人が 
「東京の家賃相場は高い」というイメージをお持ちかもしれません。 

その気持ち、分かります! 

確かに上を見れば、目が飛び出てしまうような高額家賃の物件がありますし 
賃料の安さにこだわると、東京でのお部屋探しは難しいと感じる人もいるでしょう。 

今回は、東京で物件探しする初心者のあなたに、 
東京に住むメリットを解説させて頂きます。 

もちろん、東京には仕事が豊富とか、楽しいイベントや出会いが多いとか、 
当たり前の内容には触れません。笑 
不動産会社のプロの視点で、ちょっと面白い観点からご説明させて頂きます。  

「実は、東京の家賃は高くない!?」 
「もしかして、東京に住むのって得かも!?」 

この記事読んで頂ければ、そんな気づきがあるはずです。 

それでは早速いってみましょう! 


================ 
 
<目次>   

・実は家賃安い!? 【東京に住める幸せとは】  
  -大都市の家賃 
  -東京のエリアパワー 
  -大都市に住める幸せ 

・自然と豊かになれる東京 【地政学的に有利】  
  -豊かなエリアの共通点 
  -自然に富が集まった
  -東京の富 
================ 

 

実は家賃安い!?【東京に住める幸せとは】 


大都市の家賃
あまり知られていない事実ですが、
東京クラスの大都市でお部屋さがしできるのは
実は幸せなことだと言えます。

なぜなら、大都市で気軽に物件探しできるのは
世界的にみて非常に貴重な機会だからです。

たとえば、1Rの家賃相場を例に取ると、 
ニューヨーク(マンハッタン)では、安くても2,000ドル(およそ21万円)! 
ロンドン(都心部)では築50年を超える物件でも1,300ポンド(およそ18万円)! 

海外では、大都市エリアに住むことは 
東京と比べて簡単なことではなさそうですよね。 


東京のエリアパワー

ここで改めて、東京が持つチカラ、魅力について確認します。 

最近は元気がないと言われる日本ですが、 
それでもGDP(国内総生産)は、世界3位。

全世界、約200カ国あるなかで、堂々たる3位というのは 
まさに誇るべきことでしょう。 

そんな日本の首都、東京。 
言うまでもなく、政治、経済、文化の中心地です。 
東京一極集中と評されるように、様々なものが東京に集まり 
生み出され、消費されます。
 

東京の人口は約1,400万人。 
なんと、カナダ、ポーランド、モロッコなどの総人口に匹敵する規模です。 
一都市で国レベルの人口をかかえる、世界的にも稀有な存在です。 

他にも、経済面でも1都市だけで国レベルと言えます。 
東京都だけのGDPで、インドネシア、オランダ、トルコ、スイスなどの 
経済規模を上回ってしまうのです。 

改めて見てみても、東京のもつエリアのパワーは計り知れないものがあります。 
東京に住むということは、そんなとてつもない力をもった大都市で生活することと同義なんですね。 


大都市に住める幸せ

東京の規模感を感じて頂きましたが、 
そんな東京には賃貸物件も豊富に用意されています。 
お部屋探しの選択肢も非常に充実しており、目移りするほどでしょう。 

先ほど触れたとおり、 
東京ほどの大都市において、予算に合わせて物件を探し 
実際に住めるような国は、世界中を見回しても稀なことです。 

日本に生まれて、東京でお部屋探しをできること、 
そして実際に東京で生活できる可能性があることに、 
幸せさえ感じてよいレベルではないでしょうか? 

 

 

自然と豊かになれる東京【地政学的に有利】 


豊かなエリアの共通点
 

富が集まっているエリアには、共通点があります。

 -人が住みやすい平野が広がっていて、 
 -物流の要である港があり(沿岸部)、 
 -暑すぎず、寒すぎず、過ごしやすい気候 

もちろん、夏の暑さや冬の寒さなどはあったりしますが
世界的に見ても、豊かな地域は概ね 
上記通り共通した特徴をもっています。

日本であれば、いわゆる「東名阪」も同じことが言えますよね。

 

自然に富が集まった

ではここで考えてみたいのですが
世界各国の、富が集まるエリアは
例外なく誰もが懸命な努力をし続けて、豊かな大都市となったのでしょうか? 
一人残らず血の滲むような苦難を乗り越えて、発展してきた結果が今の大都市なのでしょうか?

そんなことはないでしょう。 

当然、先人たちの頑張りや偉業のうえに
今日の豊かな大都市が形成されたことに異論はありません。 

 

しかしながら、今日の大都市の殆どは、富が集まるべくして集まった、 
豊かになるべくしてなった、研究の結果そのように考えられています。 

つまり、地政学的(適度な平野/海/気候)に「豊かさ」が決定づけられていたというわけです。 

確かに、豊かになりやすい地域ってありそうですよね。 

住むのも困難な山岳地帯、灼熱地獄や豪雪地帯などが
懸命な努力無しに自然と高度に発展することは容易ではないでしょう。 

 

東京の富 

一口に富といっても、なにも経済的な側面ばかりではありません。

例えば住環境面でいえば、大都市には意外と緑が多いことに気づきます。 

これは豊かな都市には、しっかりとした環境整備計画があるので、 
公園などが充実するんですね。 

また、文化面も見逃せません。 
都市では、ストリートカルチャーやポップカルチャーなどが新たに生まれやすく、 
様々な文化の発信基地となります。 

そして都内には、千数百におよぶ劇場やライブハウスなどがひしめき合っており、 
博物館などの文化施設も数え切れないほど運営されています。 

食文化も発展します。 
ミシュランの星付きレストランの数は、東京が世界最多です。 

様々な富に触れられる東京。 
東京に住まないのは、もはや機会損失とも言えるかもしれません。 

自然と豊かになれる東京で生活できるのは、大きなメリットです。 
東京のど真ん中で営業する、わたし達ラクダのお部屋賃貸が 
あなたにピッタリの東京のお部屋探しをお手伝いさせていただきます。

どうそお気軽にお問い合わせ下さい。 

LINEでラクラク無料相談!