本当の安住の地はココ!? 【あの芸能人が猛プッシュ!】 |記事|ラクダのお部屋賃貸

東京23区賃貸専門・仲介手数料0円のお部屋探しのお手伝い

本当の安住の地はココ!? 【あの芸能人が猛プッシュ!】

本当の安住の地はココ!? 【あの芸能人が猛プッシュ!】

「どこに住むか?」 

あなたの興味関心は、その一点に尽きますよね。 

簡単そうで、難しい。 
答えを探しても、なかなか決めきれない。。。。 

分かります! 

なぜなら、東京は狭いようで広いのです。 
様々な選択肢を前に、ただただ立ちすくむこともあるでしょう。 

今回は、東京での物件探し初心者のあなたに向けて、 
魅力あふれる穴場エリアについてご紹介します。 

この記事では、マツコ・デラックスさんも推す 
「尾久、上中里」に注目。  

TV番組でマツコさんが語った、 
安住の地としての尾久/上中里の魅力と、
その他エリアとの違いを、 
面白おかしく(言うまでもなく、リスペクトとともに) 
ご紹介します。 

自分らしさにこだわって、 
背伸びしないお部屋探しも素敵ですよね。 

肩の力を抜いて、楽しんで頂ければ幸いです! 

 

================  

<目次>  

・マツコDXが猛プッシュ!「尾久、上中里」 
 -安らぎを求める人が住むべき街 
 -エリア概要 尾久・上中里 
・住民にプライドがにじむ街(マツコさん談 笑) 

================ 

  

 

マツコDXが猛プッシュ!「尾久、上中里」 


泣く子も黙る人気タレント、マツコ・デラックスさん

マツコさんがある番組で語った、
「安住の地は、尾久と上中里」というコメントに、 

賃貸業界は、にわかにザワつきました。 

なぜなら、ご存じの通り 

「マツコが食べると、スーパーから商品が消える」 

「マツコが認めたサービスは、秒でブレイク必至」 

なんて言われているからです。 

私たちも、「尾久・上中里」への反響を 
万全の態勢で受けとめる覚悟を決めた瞬間でした笑 

 

-安らぎを求める人が住むべき街 

番組は、安らぎを求める30代をターゲットに 
都内のどこに住むか? をテーマに進行。 

そこでマツコさんは、 

「安住の地を本気で求めるのであれば、 
尾久、上中里あたりがいい」 

「あそこは、ダラッとしていても許される街よ」 

そう語ります。  

さらに、 
「京浜東北線の沿線でも、横浜方面だとウザいから。 
横浜っていう、変なプライドを持った人たちがいる」
 

「やっぱり、埼玉方面に向かいながら、都心に近いのがいいわね」 

なるほどなるほど。  

そして、 
「でも、東十条とか赤羽まで行っちゃうと、 
ちょっとプライドがあるのよ、あいつら」
 

マツコ節が炸裂です。 
さすがでございます笑 

結論として、
「だから、上中里よ。 
何というか、ブラックホールみたいで、上中里、尾久は最後の地だと思って」 

「安らげる。JRの車庫があって、ほとんど土地が有効活用されてない。 
安心できるいい所よ」
 

そう締めくくるのでした。  

 

-エリア概要 尾久・上中里 

ちなみに、番組内において 
「お洒落に疲れた30代が住むべき街」について書かれた記事を 
マツコさんが全否定します。

興味深いその内容に触れる前に、 
尾久、上中里のエリア概要を簡単に確認しておきましょう。 

<尾久> 
場所は、荒川区の北西。 
明治通りと隅田川に挟まれたエリアに位置します。 
(JR尾久駅の住所は北区) 

都電荒川線を主な交通として、非常にのどかな雰囲気を残しています。 
ゆっくりと時間が流れているようです。 

のんびりとした下町で、銭湯、商店街が似合う街なみ。 
実際に、メディアによく登場する有名銭湯や 
生活型商店街の「おぐぎんざ」が住民に親しまれています。 

東京都の発表する治安情報でも、非常に安全な地域とされていて、 
落ち着いた生活環境が魅力です。 

 

<上中里> 
北区の南東部に位置する下町です。 
23区内のJRでは、トップクラスに乗車人数の少ない閑散駅ですが、 
山手線まで一駅なので、都心へのアクセスは良好 
その意味で、家賃相場も控えめな上中里エリアは穴場と言えそうです。 

旧古河庭園や滝野川公園、平塚神社の辺りは 
緑も多く、特に心落ち着くエリアです。  

また、マツコさんの言う通り 
一大車両基地に挟まれたエリアに住宅地があるのも特徴的ですね。 

交通利便性を備えながら、 
家賃を抑えたいお客様に人気のエリアです。 

ちなみに、上中里駅から尾久駅へは歩いて15分ほどです。 

 

住民にプライドがにじむ街(マツコさん談 笑) 


さあ、番組内においてマツコさんがバッサリと全否定した内容について
 
触れていきましょうw

放送では、「お洒落に疲れた30代が住むべき街」について書かれた記事を紹介。 
「荻窪、三鷹、本郷、池上」を取り上げた内容に対して、 
いきなり異議を唱えます。 

「荻窪は、ぜんぜん息抜けないわよ。 
中央線沿線に住んでいるプライドみたいな」 

「田園都市線のプライドじゃなくて、
田園都市線をさけて生きる私、俺みたいなのがある」 

「あのオレンジの電車に乗った途端、それが出るわけよ。それは疲れる」 

コメント、面白すぎます。。。  

「本郷なんて東大生が歩いてるのよ。もう、敗北感しか感じないわよ」 

「でもね、その東大生すら幸せになれるか分からない未来ね。 
もう息が抜けませんよ」 

深いですね。。。 

さらに続けて、 

「最初は平井、沼袋辺りがお勧めできると思ったけど、 
それはそれでプライドがあるのよ」 

「平井には下町プライド、 
沼袋には、やさぐれた人生をあえて選んでいるプライド、みたいなのがあるのよ」 

もう、マツコさん無双です笑 

常識にとらわれずに、 
あくまでも真剣に、私見をハッキリと述べて 
場を盛り上げてくれるマツコさん。 
毒舌のようで、どこか愛を感じますよね。 

  

以上です。 

私たち、くらしの不動産は 
お部屋探しのお手伝いを通じて、 
皆さんの豊かな生活に貢献したいと考えています。 

あなたらしく暮らせる街を、ご一緒に探してみませんか? 

LINEでラクラク無料相談!