お部屋探しのコツは、優先順位づけが全て |記事|ラクダのお部屋賃貸

東京23区賃貸専門・仲介手数料0円のお部屋探しのお手伝い

お部屋探しのコツは、優先順位づけが全て

お部屋探しのコツは、優先順位づけが全て

300万件以上 

あなたは、この数字が何を表しているか分かるでしょうか? 

答えは、「都内の賃貸物件数」です。 (総務省 住宅・土地統計調査) 

これだけ多くの賃貸物件から、あなたにピッタリのお部屋を
一つだけ選んで契約する行為。
それが、あなたがこれからやろうとしているお部屋探しなのです。

ちょっと、簡単ではないような気がしますよね。 
住む部屋の選択で、絶対に失敗したくないけど、ちょっと難しそう。。。

不安になるお気持ち、よく分かります。 

でも大丈夫!  
私達くらしの不動産が、あなたのお部屋探しを 
全面的にサポートさせていただきます!

意外に一筋縄でいかない賃貸物件選びを、 
プロの視点で強力にご支援しますので安心してください。 
あなたにお願いしたいのは、たった一つ。 
そう、一つだけなのです。 

今回は、賃貸初心者のあなたに向けて 
失敗しないお部屋探しのコツについて解説します。 
この記事を読んでいただければ、 
絶対に後悔しない賃貸物件選びができるでしょう。

それでは早速、行ってみましょう! 

 

================  
<目次>  
・優先順位づけで、お部屋探しは決まる 
・「譲れない条件」を浮き彫りにするコツ 
・優先すべき条件は3つ 
・基本をおさえて、あなたのこだわりも反映 
・効果的な妥協ポイント 
================  

 

優先順位づけで、お部屋探しは決まる 

まずは、欲しい条件について「優先順位」を決めること。 
それだけをしっかりと決定できれば、 
お部屋探しに失敗することは無いと、断言してしまいます。

ではなぜ、優先順位が重要なのでしょうか? 

理由は、どれだけ物件数があっても、100%完璧なお部屋は一つも無いから。 

「駅チカで築浅のデザイナーズマンション、 
さらに最新設備も満載でありながら、めちゃくちゃ家賃の安い神物件!」 

残念ながら、そんな賃貸物件は世の中に一つとして存在しないのです。 
そのため、ご自身で条件面の優先順位をつけることが何よりも重要なんですね。 
でないと、ゴールのない旅路で確実に迷子になってしまうことでしょう。 

でも、口で言うのは簡単ですが、正直難しいですよね。 
簡単に優先する条件を決められれば苦労はしません。

 

 

「譲れない条件」を浮き彫りにするコツ 


そこで重要なコツは、「妥協できる条件」
 
はっきりさせることです。

「これは、それほど重要な条件じゃないな」
「できたらあれば良いけど、まあ、どちらでもいいかも」

このように、妥協できる条件を認識することで、 
逆に「譲れない条件」が浮き彫りになってきます。 

どうしてもこれだけは譲れない! 
そんな条件面が浮かび上がってきたら、 
自分なりに順位づけしてみてください。 

誤解を恐れずハッキリ申し上げると、 
この優先順位づけが甘いと、ご満足頂けるお部屋探しは不可能だと感じます。 
なぜなら、納得感のあるご契約は難しいでしょうし 
住んでから気づく不満も、大きくなりがちだと考えられるからです。 

しかしながら、譲れないポイントが明らかで 
条件面の優先順づけができたお客様には、 
わたしたちも、お客様に最高の物件をご提案することができます。 

あとは、楽しく悩んで頂いて物件選びをするだけ。 
ワクワクしながらお部屋探しを満喫頂けることでしょう。
 
ご契約後も、満足感のある暮らしをエンジョイできるはず。 
なぜなら、ブレない条件をベースに物件選択しているのですから 
当然ですよね! 

 

優先すべき条件は3つ 

とはいえ、お部屋探しの条件と一口にいっても、その種類は多種多様。 
その一部を列記しますと、 

家賃、築年数、間取り、水回り、 
階数、建物構造、オートロック、 
モニター付きドアホン、駐車場、 
ロフト、楽器、ペット、デザイナーズ、 
女性限定、分譲賃貸、管理人常駐、保証人、 
即入居、近隣施設(コンビニ/スーパー/病院)、、、、 

数え切れませんね。。。 
でも、ここはじっくりとご自身で検討してみてください。 
月々のお支払いが最重要ポイントの人もいれば、 
楽器をやりたいので防音性重視、 
はたまた、安全面の設備は絶対に譲れない、などなど。
あなたの本心に向き合って、ときにワガママになってこだわり抜きましょう。 

ここで全部の条件をご自身で決めてください、というのは酷ですので 
以下の3つをベースに、優先すべき条件を検討されるのをオススメします。 

基本は、「家賃」「立地」「ご自身の価値観」です。 

 

基本をおさえて、あなたのこだわりも反映 


1つ目の「家賃」については、言うまでもないですよね。
 
借りるお部屋の家賃支払いに無理があっては、 
幸せを感じる生活を送ることはできないでしょう。 

その物件が、どれだけあなたにとって最高であってもです。当然ですよね。 
ですから、家賃の上限設定は不可欠です。 

2つ目の「立地」は、どうやっても動かせない 
その物件固有の価値です。 

「家賃支払いの足しに、副業にトライする」 
「冬場は冷えるので、高性能の暖房機器を導入する」 
「日用品の買い物は、ネットスーパーを駆使する」 
などなど、生活の工夫はいくらでも方法はありますが、 
物件の立地だけは動かせません。 

日々の交通へのアクセス、治安などは立地で決定づけられる要素ですので 
ここは妥協せずにいきましょう。 

そして3つ目の「ご自身の価値観」は、言うまでもなく非常に重要ですね。 
ペットと過ごす癒やし、 
大好きな楽器のある生活、 
セキュリティーこそが暮らしのベース、、、 

価値を感じるポイントは人それぞれ。 
あなたのこだわりを、しっかりと反映させた物件チョイスは
きっと快適で幸せな暮らしの決め手となるはずです。 
じっくりと考えて条件に加えて下さいね。

 

効果的な妥協ポイント 

「妥協」というとネガティブに聞こえてしまいますが、 
賃貸物件探しにおいて、この視点はジワジワ効いてきます。 
妥協できるポイントは整理しておきましょう。 

特に、「築年数」「面積」「最寄り駅」について 
多少の妥協ができれば、お得にお部屋選びができるはず。 
なぜなら、家賃設定に大きな影響を与えるケースが多いからです。

「築年数」は、しっかりと手を加えたリノベ物件を選ぶことで解決できますし、 
「面積」は、これを機会に思い切って断捨離することで何とかなるかも、 
「最寄り駅」は、1駅程度ずらしてもエリアの魅力を発見できるはず、 
といった感じで、多少の妥協は大きな問題にはなりません。 

その一方で、家賃のセーブには効果大なので 
検討の価値は高いと言えるでしょう。 

譲れないポイントをしっかりとおさえて、 
あなたにとって理想的なお部屋を見つけて下さい。 

わたしたちも、全力でサポートさせて頂きます。

LINEでラクラク無料相談!